アプリケーションの 設定

全体設定

_images/preference_global.png

レンダラ

重要

macOS Mojavi 以降 OpenGL が非推奨に指定されたため、Metal が利用可能な場合は Metal を自動的に選択します

nanoem で使用するレンダラを変更します

レンダラ MacOS で利用可能? Windows で利用可能?
OpenGL ⭕(Y) ⭕(Y)
Metal ⭕(Y) ❌(N)
DirectX11 ❌(N) ⭕(Y)

カラーフォーマット

ビューポート表示で使うフォーマットを表示します。デフォルトは RGBA8 です。

  • RGBA8
  • RGB10A2
  • RGBA16F

RGB10A2 及び RGBA16F は HDR のため、正しく表示するには HDR に対応する外部液晶が必要です。 また、RGBA16F を選択すると RGBA8 よりも描画速度が遅くなります。

macOS 版かつ RGBA16F を選択したときのみ利用する色空間が Display P3 に変更されます。

編集時フレームレート

注釈

プロジェクト再生時はメニューの「プロジェクト」の「フレームレート」が適用されます

プロジェクトを再生している時以外の FPS を選択します。

  • 自動
    • 状況に応じて 30FPS または 60FPS を切り替えつつ処理します
      • 電源接続時はパフォーマンスを高めるため 60FPS で処理されます
      • バッテリー駆動の場合は消費を抑えるため 30FPS で処理されます
  • 30FPS
  • 60FPS
  • 無制限
    • 垂直同期が無効になるので 60FPS を超えて最大出力で処理されます
    • 非常に重くなるので、どうしてもという時以外は使用しないこと

モデル編集機能を有効にする

ご用心

当該機能は実験的な機能のため、今後仕様が変更される可能性があります

モデル選択時モデル編集のためのアイコンをビューポートに表示させます。無効の場合は当該アイコンが表示されません。

初期値は無効です。

モデル表示の負荷分散を有効にする

注釈

  • アクセサリはスキニングの処理がないため負荷分散の対象外です
  • 物理演算は常に CPU で演算されるため負荷分散の対象外です

モデル表示の際に CPU で演算される高負荷な処理(スキニング)を GPU に分散させます。有効にすると CPU 負荷が軽減されます。 ただし、 GPU によって演算結果が意図した結果にならずモデル表示が崩れることがあるためその場合は無効にする必要があります。

初期値は有効です。

アクセス解析を有効にする

注釈

処理の関係上設定の反映をするにはアプリケーションの再起動が必要です

アクセス解析を有効にします。

初期値は有効です。

アクセス解析用の UUID をリセット

注釈

処理の関係上設定の反映をするにはアプリケーションの再起動が必要です

アクセス解析用の UUID をリセットします。サポートから開発者より要請を受けた場合にのみ使用してください。

プロジェクト

_images/preference_project.png

言語

注釈

即座で変更が反映されるため、アプリケーションの再起動は不要です

UI で表示する言語を変更します。以下から選択可能です。

  • 日本語
  • 英語

デフォルトは OS の言語設定に依存します。

地面軸を有効にする

地面軸を有効にする と同じです

地面影を有効にする

地面影を有効にする と同じです

エフェクトを有効にする

エフェクトを有効にする と同じです

地面軸設定

地面軸セルの大きさ

地面軸のセル(格子)の大きさを変更します。

地面軸セルの表示数

地面軸のセル(格子)の表示数を変更します。多ければ多いほど描画が重くなります。

アンチエイリアス設定

アンチエイリアス設定 と同じです

物理演算

物理演算 と同じです

フレームレート

フレームレート と同じです